CCNA資格




■CCNA資格とは

CCNA資格は「Cisco Certified Network Associate」の略です。
日本語では、Cisco CCNA ネットワーク アソシエイト認定資格と呼びます。

Cisco CCNA ネットワーク アソシエイト認定資格では、WAN でのリモート サイト接続の実装と確認を含め、中規模ルーテッド ネットワークおよびスイッチド ネットワークの導入、設定、運用、およびトラブルシューティングを行う能力を備えていることが証明されます。

この新しいカリキュラムには、セキュリティへの脅威を軽減するための基本対策、ワイヤレス ネットワーキングの概念と用語の概論、および実践的な技能が含まれます。

また、IP、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)、Serial Line Interface Protocol(SLIP)フレームリレー、Routing Information Protocol Version 2(RIPv2)、VLAN、イーサネット、アクセス コントロール リスト(ACL)などのプロトコルも使用します。


■認定条件

受験資格は、特にありません。

■スケジュール

随時おこなっています。
合格発表は試験終了後、すぐにおこなわれます。

■試験地

全国各地のアール・プロメトリック、またはピアソンVUEの公認試験会場


■受験手続き


■お問い合わせ



■参考書

次のような参考書があります。









[↑一番上へ]
[IT資格を取ろう(ホームへ)]
11:082202

はじめての方へ

エクセルの資格

マイクロソフトオフィス2003/2007/2010の資格

マイクロソフト製品のトレーナーの資格

エンドユーザー(利用者)の資格

設計・製図のスペシャリスト

印刷物・デザイン・製版・映像のスペシャリスト

情報処理の基礎技術

情報技術の活用

最適なシステムの構築

プロジェクト管理の専門家

システム全体を把握する専門家

情報通信ネットワークのスペシャリスト

シスコ(Cisco)のネットワーク資格

情報管理(データベース)の専門家

オラクルのデータベースの専門家

システム運用全体の管理者

情報セキュリティのスペシャリスト

製品開発のテクニカルリーダー

OSの資格

Javaテクノロジーの専門家(Java資格)

マイクロソフト製品のエキスパート

その他