IT関係の資格の分類




■IT関係の資格の分類

パソコンやコンピュータ、システムなどのIT関係の資格は大きく、3つに分かれています。

  1. 1番目は、国家資格
  2. 2番目は、公的資格
  3. 3番目は、民間資格
です。

それぞれについて説明します。

■1.国家資格

国が実施している資格です。
国が実施していますので、信頼性があります。
実績や認知度が最も高いです。
パソコン、コンピュータ、ネットワーク、システム構築、運用まで、難易度の低いものから高いものまで幅広くあります。

国家資格の代表的なものに、「情報処理技術者」があります。

■2.公的資格

公的資格は、国家資格と民間資格の中間に位置づけられた資格です。
民間団体や団体法人が実施している資格です。
国家資格に次いで信頼性があります。


■3.民間資格(ベンダー資格)

一般の民間団体や、ハードウェア、ソフトウェアメーカーが独自に審査基準を設けて実施している資格です。

ハードウェアやソフトウェアメーカーが実施していますので、実際に使用しているハードウェアや、ソフトウェアに関しての実践的な知識や技能を評価することができる資格です。

システム開発会社では、この民間資格の方を評価している会社もあります。
即戦力になります。

代表的な民間資格のメーカーとしては、マイクロソフト社、オラクル社、シスコ(CISCO)社などです。



■参考書

国家試験で人気のある情報処理技術者試験には、次のような参考書があります。









[↑一番上へ]
[IT資格を取ろう(ホームへ)]
11:082202

はじめての方へ

エクセルの資格

マイクロソフトオフィス2003/2007/2010の資格

マイクロソフト製品のトレーナーの資格

エンドユーザー(利用者)の資格

設計・製図のスペシャリスト

印刷物・デザイン・製版・映像のスペシャリスト

情報処理の基礎技術

情報技術の活用

最適なシステムの構築

プロジェクト管理の専門家

システム全体を把握する専門家

情報通信ネットワークのスペシャリスト

シスコ(Cisco)のネットワーク資格

情報管理(データベース)の専門家

オラクルのデータベースの専門家

システム運用全体の管理者

情報セキュリティのスペシャリスト

製品開発のテクニカルリーダー

OSの資格

Javaテクノロジーの専門家(Java資格)

マイクロソフト製品のエキスパート

その他