資格取得のメリット




■資格取得のメリットは何でしょうか?

パソコンや、コンピュータなどのIT関係だけでなくて、一般的に資格をとるメリットはいろいろあります。

一般的には以下のようなメリットがあります。

  1. 給料がアップします。
    企業の中には関連資格取得者に対して、資格手当てを設けているところがあります。
    また、資格を取ったことで、それまで以上の仕事をまかされることも多くなり、昇給や昇進と
    あわせて仕事面でやりがいも大きくなります。
    給料もあがります。

  2. 年をとっても働けます。
    高齢化に伴い定年の年齢も上がっていますが、やはり高齢化になるにと求職率も狭まってきます。
    しかし、資格があれば再就職に有利になります。

  3. 就職・転職に有利です。
    近年の就職を考えると、少しでもアピールするものが欲しいところです。
    そんなときに資格があれば、履歴書の資格欄に記入することができアピールする材料になります。
    他の人との差別化ができ、一歩リードすることができます。

    私の知り合いにこんな人がいました。
    転職の申し込みで、最後の時間外にやっと履歴書が間に合って提出することができました。

    彼は、最後の20番目に面接をしました。
    彼は、専門学校卒業です。
    他の19人は、全員大学卒でした。

    でも、結局就職できたのは彼だけでした。

    彼は、 「基本情報技術者」の国家資格を持っていたのです。
    企業の面接の人はこの資格で彼に決めたそうです。

    資格って大事ですね。

  4. 出世や昇進ができます。
    今や、企業の殆どが昇進試験に関連資格の取得を条件にしているそうです。
    転属希望の場合も、その部署に関連する資格を取得すれば、転属できる場合が多いそうです。

  5. フリーで活躍できます。
    独立開業が見込める資格なら、いろいろな理由で会社を辞めざるを得なくなっても、
    フリーで転身することもできます。

    また、在宅ワークという方法もあります。

  6. ダブルワークもできます。(副業です)
    自宅で空いている時間を利用して、できる職種の資格もあります。
    アフター5や休日を有効に使って、資格を活かしたセカンドビジネスで稼ぐことも可能になります。

  7. 趣味を仕事にできます。
    趣味が高じてその道で働くことができる人はすごいですね。
    好きな仕事にチャレンジして生活ができれば、それが一番よいことです。

  8. 結婚・出産後の復帰に有利です。
    女性の場合は、結婚・出産後、復職するときに、資格を取っておくと有利になります。
    それまでに続けていた仕事などの資格や、これからやってみたい仕事に関連した資格を
    取っておくと再就職に有利ですね。



■参考書

国家試験で人気のある情報処理技術者試験には、次のような参考書があります。









[↑一番上へ]
[IT資格を取ろう(ホームへ)]
11:082202

はじめての方へ

エクセルの資格

マイクロソフトオフィス2003/2007/2010の資格

マイクロソフト製品のトレーナーの資格

エンドユーザー(利用者)の資格

設計・製図のスペシャリスト

印刷物・デザイン・製版・映像のスペシャリスト

情報処理の基礎技術

情報技術の活用

最適なシステムの構築

プロジェクト管理の専門家

システム全体を把握する専門家

情報通信ネットワークのスペシャリスト

シスコ(Cisco)のネットワーク資格

情報管理(データベース)の専門家

オラクルのデータベースの専門家

システム運用全体の管理者

情報セキュリティのスペシャリスト

製品開発のテクニカルリーダー

OSの資格

Javaテクノロジーの専門家(Java資格)

マイクロソフト製品のエキスパート

その他