上手な資格の取り方




■「この資格を取りたい」

と思ったとき、あなたはどのような勉強方法をとりますか?


日常の仕事を持っている場合は大変ですね。

その資格を取るために、どのような勉強方法を取るかを考える必要があります。

■いくつかのやり方があります。
  • 困難でも最短の方法を選ぶ。
  • 自分の性格にあわせた方法を選ぶ。
  • 自分の生活パターンにあった方法を選ぶ。

などですね。

費用も考える必要があります。

■現在、資格を取る方法には、大きく4つあります。
  1. 学校へ通う。
  2. 通信教育を利用する(e-ラーニングを含みます。)
  3. セミナーなどを利用する。
  4. 独学で勉強する。

などです。

資格を取るのは自分のためですので、資格を取得するまであきらめないで続けることが大切です。

自分にあった方法を選びましょう。

■それぞれの内容を説明します。
  1. 学校へ通う。
    取得が困難な資格や1人では勉強できない人におススメな方法です。
    先生から直接教えてもらえますし、一緒に勉強する友達、ライバルもいます。

    しかし、講座料金が高くなります。
    また、昼間の講義に出席するには、会社勤めでは、かなり大変です。
    長期で休んで出席することは難しいので夜間などを利用するしかありません。
    体力とやる気が必要ですね。

  2. 通信教育で学ぶ。
    通信教育はカリキュラムに沿って学習することができます。
    提出した資料や解答の添削が受けられます。
    時間も自由に使えるメリットもあります。

    働きながら資格取得を目指す人にお勧めです。

    最近では、インターネットでの学習、「e-ラーニング」という学習方法もあります。
    パソコンとインターネットにつながった環境があれば、自分の好きな時間に学習することができます。

  3. セミナーなどを利用する。
    時間がない人、通信教育や独学では不安な人にお勧めです。
    セミナーでは短期集中でおこないます。

    また、セミナーでは、資格取得者の体験談や、学校関係者の生の声も聞くことができます。
    同じように頑張っている人たちとも出会えますので情報交換もできます。
    弱気になりがちな部分を励ましあい、乗り越えることができます。

  4. 独学で頑張る。
    制約を受けず、マイペースで頑張りたい人には、やはり独学で勉強するのがよいでしょう。

    でも自分が挫折してしまうと、そこですべてがストップになって しまいます。

    独学で資格を取得するには強い意志が必要になります。


自分にあった勉強方法を決めましょう!!


■参考書

国家試験で人気のある情報処理技術者試験には、次のような参考書があります。









[↑一番上へ]
[IT資格を取ろう(ホームへ)]
11:082202

はじめての方へ

エクセルの資格

マイクロソフトオフィス2003/2007/2010の資格

マイクロソフト製品のトレーナーの資格

エンドユーザー(利用者)の資格

設計・製図のスペシャリスト

印刷物・デザイン・製版・映像のスペシャリスト

情報処理の基礎技術

情報技術の活用

最適なシステムの構築

プロジェクト管理の専門家

システム全体を把握する専門家

情報通信ネットワークのスペシャリスト

シスコ(Cisco)のネットワーク資格

情報管理(データベース)の専門家

オラクルのデータベースの専門家

システム運用全体の管理者

情報セキュリティのスペシャリスト

製品開発のテクニカルリーダー

OSの資格

Javaテクノロジーの専門家(Java資格)

マイクロソフト製品のエキスパート

その他