CGクリエイター検定の資格




■CGクリエイター検定とは

CGクリエイターとは、映像、アニメーション、ゲーム、ミュージックビデオなどの製作現場における、表現のプロフェショナルです。

職種としては、CGデザイナー、CGアニメーター、グラフィックデザイナー、CGモデラー、映像クリエイター、映像ゲームデザイナーなどです。

CGクリエイター検定は、表現のプロフェッショナルとして、活躍できるクリエイターに必要な能力を評価する検定です。

■資格の分類

文部科学省認定の公的資格です。

■役割とスキル

映画・アニメーション・ゲーム・CMなどのCG映像の制作において、一定条件(シナリオ・絵コンテ・日程・予算など)のもとに、映像表現技術やCG理論の知識、CGソフトウェアを効果的に用いる能力が求められます。

■出題範囲

項目 内容
■エキスパート
概要 3次元CGと映像制作に関する専門的な理解と、3次元CG映像の制作に知識を応用する能力を測ります。
出題範囲 ■.写真撮影
写真撮影の基礎的な表現手法と知識。ライティングについての知識
■動画撮影
動画撮影におけるカメラワーク、映像の表現手法、演出手法についての知識
■映像編集
編集の基礎的な知識。編集による表現手法についての知識
■モデリング
モデリングの基礎知識。モデリング時に考慮するべき事柄についての知識
■マテリアル
マテリアル設定の代表的なパラメータとテクスチャの設定方法、より効果的な設定を行うための考え方についての知識
■アニメーション
各種アニメーションについての知識
■シーン構築
シーン構築における、各プロセス(レイアウト、ライティング、レンダリング、合成)の基本的な知識と技術についての知識
■プロダクションワーク
作品ジャンルごとの映像制作工程についての知識
■映像を支える技術
映像制作に必要な技術的側面(機材、ソフトウェア、規格)についての知識
■数理造形
論理的な記述による形態生成の手法である、数理造形の基本的な考え方と生成された作品についての知識
■知的財産権
知的財産権に関する基本的な考え方と、著作権についての知識
■ベーシック
概要 2次元CGと3次元CG、デザインに関する基礎的な理解と、CGの静止画制作に知識を利用する能力を測ります。
出題範囲 ■コンピュータグラフィックスの基礎
CGの歴史と特性、CGの産業分野での利用についての知識
■表現の自由
3次元CGを制作するうえで必要とされる基礎的な知識
■3次元CGの制作
3次元CGによる静止画の制作手順、制作手法の知識
■技術の基礎
ディジタルの基礎知識、システムソフトとアプリケーションソフト、CG制作ソフト、入出力装置、作品の出力についての基礎知識
■知的財産権
知的財産権に関する基本的な考え方と、著作権についての知識
■ファイル形式


■受験資格

特にありません。

■受験料

ベーシック:4,500円
エキスパート:5,500円

■試験日

ベーシック/エキスパート
年2回(7、11月)


■受験場所

全国、約300会場


■合格率

・ベーシック:61.7%(平成22年度)
・エキスパート:32.6%(平成22年度)


■お問い合せ先

お問い合わせは次のとおりです。


■参考書

次のような参考書があります。









[↑一番上へ]
[IT資格を取ろう(ホームへ)]
11:082202

はじめての方へ

エクセルの資格

マイクロソフトオフィス2003/2007/2010の資格

マイクロソフト製品のトレーナーの資格

エンドユーザー(利用者)の資格

設計・製図のスペシャリスト

印刷物・デザイン・製版・映像のスペシャリスト

情報処理の基礎技術

情報技術の活用

最適なシステムの構築

プロジェクト管理の専門家

システム全体を把握する専門家

情報通信ネットワークのスペシャリスト

シスコ(Cisco)のネットワーク資格

情報管理(データベース)の専門家

オラクルのデータベースの専門家

システム運用全体の管理者

情報セキュリティのスペシャリスト

製品開発のテクニカルリーダー

OSの資格

Javaテクノロジーの専門家(Java資格)

マイクロソフト製品のエキスパート

その他