MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)




■MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)とは

MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)は、マイクロソフト製品の実践的スキルや幅広い知識を認定する世界共通資格です。
MCP 認定プログラムのいずれか 1 科目に合格すると MCP として認定されます。

Windows 対応のアプリケーション活用やクライアント/サーバーおよびイントラネットによりネットワーク再構築が進むとともに、その専門知識に精通した技術者への評価が高まっています。
MCP は、こうしたプロの技術力をマイクロソフトが認定する資格制度です。


■資格の分類

マイクロソフト社が認定する民間資格です。

■資格対象者

マイクロソフト製品に精通し、その活用やユーザー サポートなどが行えるエンジニア。


■受験資格

特にありません。

■資格要件

必須科目数:1 科目

■スケジュール

随時おこなっています。

■試験地

全国主要都市


■試験のお申込み


■お問い合わせ



■参考書

次のような参考書があります。









[↑一番上へ]
[IT資格を取ろう(ホームへ)]
11:082202

はじめての方へ

エクセルの資格

マイクロソフトオフィス2003/2007/2010の資格

マイクロソフト製品のトレーナーの資格

エンドユーザー(利用者)の資格

設計・製図のスペシャリスト

印刷物・デザイン・製版・映像のスペシャリスト

情報処理の基礎技術

情報技術の活用

最適なシステムの構築

プロジェクト管理の専門家

システム全体を把握する専門家

情報通信ネットワークのスペシャリスト

シスコ(Cisco)のネットワーク資格

情報管理(データベース)の専門家

オラクルのデータベースの専門家

システム運用全体の管理者

情報セキュリティのスペシャリスト

製品開発のテクニカルリーダー

OSの資格

Javaテクノロジーの専門家(Java資格)

マイクロソフト製品のエキスパート

その他