MCT(マイクロソフト認定トレーナー)の資格




■MCT(マイクロソフト認定トレーナー)とは

MCT(マイクロソフト認定トレーナー)とは、マイクロソフト製品のインストラクタを認定する資格です。

以前のMOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)は、オフィス製品に関する正しい知識・スキルとインストラクション(教える技術)を持ったトレーナーの育成を目的としていましたが、これに、MCP(マイクロソフト認定資格)も含まれて、MCT(マイクロソフト認定トレーナー)になっています。

MOS(マイクロソフトオフィススぺシャリスト)もしくは、MCP(マイクロソフト認定資格)の試験における教える分野の製品試験に合格して、教える能力を示す、「プレゼンテーションスキルの証明」が必要になります。

現在トレーナとして活躍しいる方や、MOS、MCPのスペシャリスト、スキルアップなどに最適な資格です。


■資格の分類

マイクロソフト社が認定する、民間資格です。


■資格取得のメリット

次のようなメリットがあります。

  1. MCT への登録、または更新が済むと MCT としての活動がすぐに始められるよう、MCT Welcome Kit が届きます。

  2. Metrics that Matter program guide (Metrics that Matter プログラムガイド)をもらえます。
    MCT プログラムの顧客満足ツールを最大限に活用する方法が紹介されています。
    有償で、写真付きの Wallet Card をご購入いただくことが可能です

  3. MCT は、MCT 専用 Web サイトを通じてオンライン特典を受けられます。

■試験科目

MCTの資格を取得するためには、次の2つの条件があります。

  1. MOS(マイクロソフトオフィススぺシャリスト)もしくは、MCP(マイクロソフト認定資格)における、教える分野の製品試験への合格が必要です。

  2. 教える能力を示す、「プレゼンテーションスキルの証明」が必要です。


■MCT資格認定手続き

条件に該当された方は、MCT 申請フォームをオンラインで受け付けています。


■MCTのお問い合わせ

MOTのお問い合わせは、次のとおりです。



■参考書

次のような参考書があります。









[↑一番上へ]
[IT資格を取ろう(ホームへ)]
11:082202

はじめての方へ

エクセルの資格

マイクロソフトオフィス2003/2007/2010の資格

マイクロソフト製品のトレーナーの資格

エンドユーザー(利用者)の資格

設計・製図のスペシャリスト

印刷物・デザイン・製版・映像のスペシャリスト

情報処理の基礎技術

情報技術の活用

最適なシステムの構築

プロジェクト管理の専門家

システム全体を把握する専門家

情報通信ネットワークのスペシャリスト

シスコ(Cisco)のネットワーク資格

情報管理(データベース)の専門家

オラクルのデータベースの専門家

システム運用全体の管理者

情報セキュリティのスペシャリスト

製品開発のテクニカルリーダー

OSの資格

Javaテクノロジーの専門家(Java資格)

マイクロソフト製品のエキスパート

その他